子育て

子供に宿題をやらせるためには

勉強できることだけが大切なのではありませんが、最低限宿題はしっかりとやって欲しいです。宿題をやりなさいといっても子供は言うことを聞いてくれないので、宿題をやってもらうためには工夫をしています。

宿題をやる気配がないときには、「今日の宿題はなに?」と声をかけています。たとえば算数と国語など2つの宿題があったら、「算数をやる?国語をやる?」と問いかけてみます。この質問は宿題をやることを前提にしています。人は自分で選択をしたいという特徴があります。そのため、宿題をやりなさいと強制をしても反発をしますが、2つのうちどちらかを選べるようにさせると自分で選択をすることになるので、強制しなくても宿題をやってくれることがあります。

一人で宿題をできないようなら、親が一緒に考えてあげるようにしています。「一緒に宿題をやる?それとも一人でやる?」と子供が選べるようにさせています。そうすると、一緒に宿題をやることもあれば、一人でやり始めることもあります。たいていは一緒に宿題をやります。

宿題をやらせるにも、どういった言葉かけをするかによって結果が変わります。